ページの先頭です

住宅用火災警報器奏功事例

[2016年12月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成26年4月1日に発足した奈良県広域消防組合管内においての住宅用火災警報器奏功事例をご紹介します。

住宅用火災警報器を設置していたことにより早期に発見し避難や初期消火ができた事例が数多くあります。

このことから、住宅用火災警報器を設置することの重要さが少しでもご理解頂ければと思います。

住宅火災から命を守るには、住宅用火災警報器を設置することです。

まだ設置されていないご家庭では早期に設置し、設置されているご家庭は適正管理に努めてください。

平成26年中の奏功事例

4月

  • 住人が1階に居たときに、2階の住宅用火災警報器が鳴動。2階へ確認に向かおうとするが階段中段まで煙が充満し断念。早期発見により無事に避難ができた。
  • 廊下を挟んで向かいの部屋の住宅用火災警報器が鳴動。確認すると部屋の中央あたりが燃えていたので、風呂の水をバケツで汲み上げ消火。早期発見により初期消火ができた。

9月

  • 就寝中に住宅用火災警報器が鳴動し、目を覚ますと室内にあった棚付近が燃えていたので消火器で消火する。早期発見により初期消火ができた。

10月

  • 調理中にその場を離れ眠り込んでいたところ、住宅用火災警報器が鳴動。警報音に気付いた近隣住民からの連絡で目覚め、コンロの火を止めた為、火災に至らなかった。

 

11月

  • 階段に設置した住宅用火災警報器が鳴動。確認すると1階の子供部屋が煙で充満し、炎のようなものが見え、消火を試みたが消火できず避難した。早期発見により無事避難ができた。

12月

  • 共同住宅に住む住人が、住宅用火災警報器の警報音に気付き確認に向かったところ、1階の住人が玄関から避難してきた。部屋の奥が明るくなっていたので火災と認識し、通報するとともに各室の住人に避難を呼びかけた。

平成27年中の奏功事例

2月

  • 家人が電気トースターで魚を調理中に目を離した隙に出火したため、電気トースターを外に運び出したところ、火傷を負い服の裾に着火し、居間の床などにも着火。別室に居た家族が住宅用火災警報器の警報音に気付き、水道水などで消火。早期発見により消火することができた。

9月

  • 2階に設置した住宅用火災警報器が鳴動。確認に向かうとソファから火が上がっていたので、風呂の水で消火した。早期発見により消火できた。

10月

  • 調理中にその場を離れていたところ、過熱したてんぷら油から出火。住宅用火災警報器が鳴動し気付いた家人が濡らしたバスタオルで消火。早期発見により消火できた。

平成28年中の奏功事例

1月

  • 調理中にその場を離れ眠り込んでいたところ、住宅用火災警報器が鳴動。警報音に気付いた隣人がインターホンで知らせたことで目覚め、コンロの火を止め火災に至らなかった。

2月

  • 就寝中に住宅用火災警報器が鳴動。目を覚ますと布団と置いていた服が燃えていたので、洗面器で水を汲み消火。早期発見により消火できた。
  • 部屋にいたところ住宅用火災警報器が鳴動。廊下に出ると廊下にあった衣類から出火していたので、濡れ雑巾などで消火。早期発見により消火できた。

4月

  • 食事中、住宅用火災警報器が鳴動。確認すると居間のエアコンのコンセントから炎が上がっており、消火器で消火。早期発見により消火できた。

5月

  • 聴覚と視覚に障害のある家人が、調理中であることを忘れその場を離れていたところ、住宅用火災警報器が鳴動。警報音に気付いた隣人が駆けつけコンロの火を止め火災に至らなかった。

8月

  • 住宅用火災警報器の警報音に気付いた近隣住民が、警報音のする建物を確認したところ2階の通気口から煙が出ているのを発見し、建物内に呼びかけたが応答がなく、施錠されていたため通報。早期発見により部分焼でおさまった。

9月

  • 住宅用火災警報器の警報音に気付いた近隣住民が、警報音のする建物を確認したところ煙が出ているのを発見し通報。早期発見により住民が救助され、ぼやでおさまった。

10月

  • 留守中の住宅からの住宅用火災警報器の警報音に気付いた近隣住民が家人の親族に連絡。連絡を受けた親族が屋内に入ったところ煙が充満していたため通報。早期発見によりぼやでおさまった。
  • 路上で遊んでいた子供が住宅用火災警報器の警報音に気付き、警報音のする建物を確認したところ屋内が赤くなっているのを発見し、父親を通じて通報。建物の家人は不在だったが早期発見により火災の拡大に至らなかった。

お問い合わせ

奈良県広域消防組合予防部[3階]予防課

住所: 634-0816
橿原市慈明寺町149-3

電話: 0744-26-0117

ファックス: 0744-46-9114

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

予防部[3階]予防課


住宅用火災警報器奏功事例への別ルート

Copyright (c) 2014,奈良県広域消防組合 All Right reserved.