ページの先頭です

データ放送を活用した救急ページ

[2016年11月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

データ放送を活用した救急ページ

1.応急処置の現状

 病気または怪我等で心肺停止状態になってしまった人が、再び心拍を再開させ、社会復帰するためには、一刻も早い心肺蘇生法およびAEDの使用が必要になります。

 心肺停止状態になった人を目撃または発見した場合、119番通報をすれば、指令員が心肺蘇生法の口頭指導を行います。AEDは付近に設置されている場合に限り、準備を促し使用方法を指導します。しかし、実際そのような現場では、落ち着いて指令員の指示に従い心肺蘇生法およびAEDの使用ができる人は少なく、頭が真っ白になってしまい、指令員の指導も耳に届かず、救急隊員が到着するまで何の処置もされていないことがあります。そのような現場で落ち着き処置を行うためには、あらかじめ心肺蘇生法およびAEDの使用方法を熟知しておくことが必要です。

 私達は、家族および身の周りの人がお互い助け合えるように、1人でも多くの人が救命講習会やインターネット等を利用し、心肺蘇生法およびAEDの使用方法を勉強してもらいたいと願っています。

 

2.データ放送の活用

 少しでも多くの人が心肺蘇生法およびAEDの使用方法を知り、救命率を向上させるため、テレビのNHK奈良データ放送に救急ページが設けられており、心肺蘇生法およびAEDの使用方法等が詳しく記載されています。

 パソコンや携帯電話等でインターネットを利用すれば心肺蘇生法およびAEDの使用方法を調べることができますが、パソコンを持っていない方、パソコンや携帯電話等の機器の操作に不慣れな方も多いと思います。テレビはほとんどの家庭にあり、簡単な操作であるため、子供からお年寄りまで多くの人が確認できます。

3.救急ページ確認の操作手順

1.NHK奈良放送をご覧の上、チャンネルのdボタンを押す。※チャンネルによってdボタンの位置が異なります

2.「人が倒れた時!救命処置の方法!」をチャンネルの上下左右移動ボタンで選択し決定ボタンを押す

3.画面右側の確認したい項目をチャンネルの上下左右移動ボタンで選択し決定ボタンを押す

お問い合わせ

奈良県広域消防組合警防部[4階・北館2階]通信指令センター通信指令課

住所: 634-0816
橿原市慈明寺町149-3

電話: 0744-26-0115

ファックス: 0744-46-9175

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

警防部[4階・北館2階]通信指令センター通信指令課


データ放送を活用した救急ページへの別ルート

Copyright (c) 2014,奈良県広域消防組合 All Right reserved.