ページの先頭です

年末年始の火災予防の注意喚起等について

[2020年12月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住宅防火のポイントについて

年末年始は、慌ただしさから火災予防への注意力がつい散漫となりやすい季節でもあります。

日々の暮らしのなかでの火の用心をどうぞ宜しくお願いします。 

※消防庁予防課から発出の以下の資料もどうぞご参照ください。

○住宅火災の発火源別死者数(別ウインドウで開く)

〇住宅防火 いのちを守る 7つのポイント(別ウインドウで開く)

◇ストーブを安全に取り扱いましょう!

(1)石油ストーブは給油する時、移動させる時には必ず消す。給油中はその場を離れないこと。

 (2)ストーブの周りや上方に洗濯物、カーテンや燃えやすいものを近づけない。置かないこと。

 (3)ストーブをつけたまま、就寝したり、留守にしない。必ず消えていることを確認すること。

 (4)ストーブの近くでヘアスプレーなど引火の危険のあるものを使用しない。

 (5)小さな子供さんのいるご家庭では、ストーブの周りに安全柵をするなど事故を未然に防ぐ対策をしてください。

 ※消防庁予防課から発出の「消防の動き2020年12月号」○ストーブの安全な取扱い(別ウインドウで開く)についてもどうぞご参照ください。

◇年末の大掃除には、住宅用火災警報器の点検をしましょう!

機器にホコリがついていると火災を感知しにくくなるので危険です。

この機会に、お手入れ(ホコリを拭きとるなど)・作動確認をしてみてください。いざという時のために、日頃の定期的な点検と10年を目安に機器本体の交換がとても大切です。(機器本体の交換の際には、連動型の住宅用火災警報器をおススメします!)

これから迎える新しい年もお家で安心して暮らせるように…

住宅用火災警報器は、火災の発生を早期に知らせてくれて火災から皆さんの大切な生命を守ってくれるものです。まだ設置されていないお家は早急に設置をお願いします!!!

※消防庁予防課ホームページ掲載の「住宅用火災警報器を設置しましょう!」(別ウインドウで開く)もどうぞご参照ください。

◇電気火災を防ぎましょう!

日頃、家電製品の後ろに隠れた状態で通電しているコンセントプラグがあれば、電気火災を防ぐために、この機会にホコリを取り除くなど安全確認をしてください。

※消防庁予防課から発出の「消防の動き2020年8月号」○電気器具の安全な取扱い(別ウインドウで開く)もどうぞご参照ください。

◇ガス機器による火災・ガス事故を防ぎましょう!

ガス機器は私たちの生活に大変便利なものですが、取扱いを誤ると火災や爆発、一酸化炭素中毒など大きな事故につながります。

 以下の点に注意して、火災や事故を防止しましょう。

(1)ガス機器の正しい取付け・取扱いをしましょう!

(2)十分な換気をしましょう!

(3)ガス漏れに気付いた時は、ガスの元栓を締め、窓を開けて空気の入れ換えをしてください。

 この時、換気扇は使用しないでください!

 換気扇や電灯などの電気スイッチやコンセントプラグに触れると火花が発生し、爆発が起こる危険性があります。

(4)安全機能付きの機器を積極的に使用しましょう!

 安全装置付きガス機器、ガス漏れ・一酸化炭素警報器は大変有効です。

※消防庁予防課から発出の「消防の動き2019年10月号」○ガス機器による火災およびガス事故の防止(別ウインドウで開く)もどうぞご参照ください。

◇家の周りに燃えやすいものを置かない。(放火防止対策)

年末は、大掃除の際に多くのゴミが出やすいものですが、ゴミは決められた場所、収集日当日に出すなど気を付けて、地域ぐるみで放火されない環境づくりをお願いします。

お問い合わせ

奈良県広域消防組合予防部[3階]予防課

住所: 634-0816
橿原市慈明寺町149-3

電話: 0744-26-0117

ファックス: 0744-46-9114

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

Copyright (c) 2014,奈良県広域消防組合 All Right reserved.